暮らしのこと

子育て世代のミニマリスト生活!車を持たない生活をしている私が車なし生活のメリットを語る

子どもと歩く

わたしは運転免許証を持っていますが、車にそこまで興味もなく、車なしでも生活できてきたので、ずっと車なし生活を送っています。

最近、子どもが産まれて3ヶ月という子育て世代ですが、子どもが産まれた後も、車なし生活をずっと継続する予定でいます。

ここでは、そんな車を持たない生活をしている私が車なし生活のメリットについて語っていきたいと思います。

車がなくてもなんとかなる!

ママ

これまで、東京や大阪といった都市圏に住んていたこともあり、車がなくても問題なく生活ができています。車なし生活を基本としているので、家はなるべく便利で立地のいいところにしていました。

今は、子どもの子育てのことも考えて、大都会からは少し離れたところで住んでいます。最寄駅からはなんとか歩ける距離ぐらい、なおかつ坂道なので、行きの下り坂は歩いて、帰りの坂道はバスを使っています。

バスの運行頻度は15分に1本程度。深夜12時ぐらいまでバスがあるので、車がなくてもそれほど不自由といった感じではないです。

日々の買い物やお出かけは、公共交通機関の電車&バスを利用。環境に優しいエコな暮らしをしています。電車に乗ればそこそこ便利で、中心部へも電車1本で行けます。帰りはいつも買い物袋を持って帰るので、少し大変な時もありますが、それもいい運動かなと思います。

子どもがいても車なし生活できる?

子どもと歩く

現在、子どもは3ヶ月。すでに何回かはバスに乗って、買い物や散歩に出掛けています。まだまだ赤ちゃんなのでバスの中で泣くこともありますが、バスに乗っている時間は5分から10分ぐらいと短いので大丈夫かなと。

子どもが大きくなってきて幼稚園といった際は、家のすぐに近くにあるので、車で送り迎えする必要はないですし、小学生になって塾に通うとなった際も、バスで送迎してくれる塾もあるので、なんとかなりそうかなと思っています。

なお、病院に行くといった時は、配車アプリでタクシーを手配しています。日時が決まっていたら、タクシーを予約することもできます。

そんな感じで、子どもがいても車なし生活を継続できるかと思います。

車なし生活をするとかなりのお金が節約できる

生涯に車にかかる費用は?

人生の3大支出と言われる「マイホーム」「教育」「老後」についで大きな支出を占める「クルマ」。生涯、仮に22歳~72歳までの50年間、車に乗り続けたらいくらになるでしょうか。

まずは、車の購入代金。7年に一度新車250万円(諸費用込み)を乗り換えるという人なら、下取りが40万円としても、7年ごとに210万円を車両購入費用が必要になります。さらにローンで車を購入すると別途金利分も払う必要がありますね。

もちろん、どんな車を選ぶかによって購入代金は変わってきますが、標準的なプランとして、生涯で1500万円ぐらいかかるかと思います。

さらには、車の購入費用だけでなく、車を持つと、駐車場代、ガソリン代、高速代、保険代、自動車税、整備費用も掛かってきます。

駐車場代は月に約1万円。ガソリン代でも月に約1万円。その他、高速代や保険代、自動車保険、整備費用で月にすると2万円強は必要になるかと思います。そんな感じで見ていくと、車の維持費・諸経費だけでも月に4万円強、年間約50万円かかります。

これらを足し合わせると、生涯に車にかかる費用は、約4000万円にもなります。これは車一台で考えた場合で、さらにもう1台車を持つことになれば、さらに費用が増えます。

車は購入しても、維持するコストがかかり、トータルで考えるとマイホーム1軒分ぐらいのコストがかかることになります。車を持つとこれだけの費用が掛かることを知っていましたか?

車を持たない場合の交通費はいくらかかる?

次に車を持たない時の交通費について見ていきたいと思います。

車を持たない場合、電車、バス、タクシーといった交通費、自転車購入費用、駐輪場代といった費用がかかります。

わたしの場合、これらの費用全部を入れても一人あたり月1万円あれば十分足りている状況です。定期があれば、さらに安くすることが可能ですし、子どもが小さい時は無料または半額で公共交通機関を利用できます。

例えば、3人家族の場合、年間の交通費は、3(万円/月)×12(ヶ月)=36万円ということになります。

車なし生活をするとどれくらいお金を節約できる?

上記の話をまとめると、生涯、仮に22歳~72歳までの50年間、車に乗り続けたとすると、生涯に車にかかる費用は約4000万円。

一方、同じく50年間、3人家族で車を持たない生活をすると交通費は、ざっくり年36万円が50年で1800万円。ここから定期を持っている方は安くなります。また、子どもが小さい時は交通費は無料または半額で済みます。ということは、ここから100〜200万円は安くなり、実質は1600〜1700万円ぐらいになるかと思います。

そうすると、3人家族の場合、車なし生活にすると約2300〜2400万円節約することができるかと思います。もし、子ども2人の4人家族だったとしても2000万円弱節約することが可能です。

車にかかるコストがない分、子どもの教育費に掛けられる

投資

車を持たない生活をすれば、3人家族の場合、約2300〜2400万円節約することができます。これだけのお金が節約できれば、子どもの教育費もこのお金で賄うことができますね。これなら私立中心で行ってもお金がなんとかなりそうな金額です。

もしくは、後々は留学させたいといった希望でも叶えてあげることが可能ではないでしょうか。子どもの教育資金の準備ができれば、家計もだいぶ楽になり、気分的にも楽になりますね。

わたしなら、車を持つ生活より、子どもの将来にお金を使いたいと思います。お金に限りがなければ、あれもこれも手に入れることは可能かもしれません。しかし、実際は私たちのお金は有限、そのお金をどこに、どのように使うかが大事ですね。

車なし生活なら必然的に歩くようになるので健康的な生活が送れる

車なし生活は、お金の節約になるだけでなく、健康的な生活を送る上でもプラスです。

車なし生活なら、その分歩く機会も必然的に増えます。歩いていると、車に乗っていては見えない景色も見えてきて楽しいですよ。

そんな人間らしい、環境にやさしいエコな暮らしもいいものです。あなたもエコな暮らし始めて見ませんか?

ABOUT ME
HiBaby!編集部
結婚して8年目にして、初めての妊娠・出産。これからの出産準備、出産、育児の記録、その際に役立った情報などを発信します。